印鑑

印鑑の所有個数って

あなたは印鑑をいくつお持ちでしょうか。人によってまちまちだと思いますが、1個だけとか10個以上お持ちの人は、非常に少ないと思います。ほとんどの人が、数個だと思います。大体の人が、1個だけ特別な印鑑をお持ちだと思います。その印鑑は、印鑑登録や銀行印に使われる印鑑であり、特別に作られたものです。一方、宅配物の受取や出勤簿に押すような印鑑は、どこでも売っているような印鑑です。
このように印鑑も用途によって使い分けられているのです。服なんかも全く同じであり、普段使いの日常着と外出用のおしゃれ着で用途ごとに分けていると思います。印鑑は、見た目で高級かどうか解かります。持つところの材質とか印鑑の掘り方等は、全然違いますからね。数百円の印鑑だと、材質はプラスティックですし、直径も非常に小さく、印字もありふれています。けれども普段の日常使いなら、それで全く問題ないのです。
一生ものの印鑑とわけが違うわけです。一生ものの印鑑を日常で使っていて、落としたり、劣化したりすると、一生使えなくなってしまいますからね。そのような印鑑は、高級品であり、出費もかさんでしまいます。だから、使い分けしているのです。だから、印鑑を3個程度所有している人の割合が、最も多いのだと思います。

recent article

印鑑の中でも日常で多用する認印

印鑑の中でも、日常で多用するのが認印です。認印としては、朱肉要らずのインク内蔵品も含まれます。また、大量生産の安い印鑑も認印としてよく使用され…

もっと読む

印鑑は大切に保管すれば長持ちしやすい

印鑑を使用するシチュエーションで一般の人にもなじみ深いのは、賃貸契約をするときでです。賃貸契約を貸主と結ぶときには、何か所か印鑑で押印します。…

もっと読む

印鑑の所有個数って

あなたは印鑑をいくつお持ちでしょうか。人によってまちまちだと思いますが、1個だけとか10個以上お持ちの人は、非常に少ないと思います。ほとんどの…

もっと読む

印鑑をプレゼントしてくれた母に感謝

普段宅配便が来た時や、子供の簡単な通信、仕事の時に使う確認の印鑑等はいわゆるシャチハタという簡易的な印鑑を使っています。朱肉いらずでとても楽に…

もっと読む