印鑑

印鑑は大切に保管すれば長持ちしやすい

印鑑を使用するシチュエーションで一般の人にもなじみ深いのは、賃貸契約をするときでです。賃貸契約を貸主と結ぶときには、何か所か印鑑で押印します。また、そのシチュエーションは更新で2年に1回おとずれるので、忘れたころに印鑑を使う機会が再度やってきます。
そんな契約書に押印するようなきちんとした印鑑は、社会人になって作成したとき以来ずっと同じ物を使うのが普通です。シャチハタのように100円ショップで買えるような簡易な印鑑は数年使うとインクがにじんだりしてしまうのかもしれませんが、そうではないある程度値の張る印鑑はそう簡単にダメにはならないです。大事に使っていればそれこそ何十年も使えたりしますので、とても長持ちします。
印鑑で押印するうえでインクのにじみなど不具合が出てしまうのは、なるべく避けなければなりません。日本の押印に対する厳しさは随一で、しっかり押印できていなければ認められないこともしばしばあります。そのため、印鑑の状態はしっかりしているのが基本ですし、その状態が保てないようであれば新しい印鑑を買ったほうが無難です。ただ、基本的には1度質の良い印鑑を持てばそうは買い替えないで済みますし、長持ちさせられるように保管することが大切です。

recent article

印鑑の中でも日常で多用する認印

印鑑の中でも、日常で多用するのが認印です。認印としては、朱肉要らずのインク内蔵品も含まれます。また、大量生産の安い印鑑も認印としてよく使用され…

もっと読む

印鑑は大切に保管すれば長持ちしやすい

印鑑を使用するシチュエーションで一般の人にもなじみ深いのは、賃貸契約をするときでです。賃貸契約を貸主と結ぶときには、何か所か印鑑で押印します。…

もっと読む

印鑑の所有個数って

あなたは印鑑をいくつお持ちでしょうか。人によってまちまちだと思いますが、1個だけとか10個以上お持ちの人は、非常に少ないと思います。ほとんどの…

もっと読む

印鑑をプレゼントしてくれた母に感謝

普段宅配便が来た時や、子供の簡単な通信、仕事の時に使う確認の印鑑等はいわゆるシャチハタという簡易的な印鑑を使っています。朱肉いらずでとても楽に…

もっと読む