印鑑

印鑑の中でも日常で多用する認印

印鑑の中でも、日常で多用するのが認印です。認印としては、朱肉要らずのインク内蔵品も含まれます。また、大量生産の安い印鑑も認印としてよく使用されています。これらの商品は、入手の手軽さと値段の安さから押印時の緊張が比較的少なくなりがちです。
たとえば認印は、「お名前、ご住所はこちらで間違いないでしょうか」と言う配達員に対し、名前と住所、差出人や品物を確認しましたという意味で押印します。その名の通り、これは自分または家族宛の物であると認めた印ですので、押印時には注意が必要です。
名前と住所、内容物が自分宛の物であると認め、実際は違っていた場合には大変な事になります。配達営業所への電話や対応で半日ほど落ち着かない気持ちになる事もあるでしょう。開封前ならまだしも、開封後となると更に精神的に重荷になります。
これらの面倒は、配達時に各項目をよく確認する事で簡単に防げます。また、確認を習慣づけておけば自分の意図していない商品を送り付けられた場合にもすぐに対応出来ます。受け取り拒否を即座に伝えられるのは、自分と配達員双方にとって大きな利点です。配達時には流し見で済ませず、すべての項目をよく確認して押印しましょう。

recent article

印鑑の中でも日常で多用する認印

印鑑の中でも、日常で多用するのが認印です。認印としては、朱肉要らずのインク内蔵品も含まれます。また、大量生産の安い印鑑も認印としてよく使用され…

もっと読む

印鑑は大切に保管すれば長持ちしやすい

印鑑を使用するシチュエーションで一般の人にもなじみ深いのは、賃貸契約をするときでです。賃貸契約を貸主と結ぶときには、何か所か印鑑で押印します。…

もっと読む

印鑑の所有個数って

あなたは印鑑をいくつお持ちでしょうか。人によってまちまちだと思いますが、1個だけとか10個以上お持ちの人は、非常に少ないと思います。ほとんどの…

もっと読む

印鑑をプレゼントしてくれた母に感謝

普段宅配便が来た時や、子供の簡単な通信、仕事の時に使う確認の印鑑等はいわゆるシャチハタという簡易的な印鑑を使っています。朱肉いらずでとても楽に…

もっと読む